忍者ブログ
gdgdな辺境の地。チラシの裏。
[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、隈宏です。

A2_14.jpg









医者不足はどこも例外じゃなく。

いや、医者不足と言うよりも麻疹の大流行・大蔓延がですね。


ところで上のSSで私はどれでしょーか?って話。


因みにこの後も患者は後をたちません。この時は比較的空いてる状態なんで。


まず、はしかの治療薬だけど、
「微笑みの花(Lv20植物)+木材」
この微笑みの花が全然採れやしない。常に医者の間では品切れ状態。
これの調合・治療はスキルLv2からでしか出来ないが、常駐してるような医者様方は大抵高Lvだからそれはまぁいい。

植物採取ってスキルで採れる種類が多い所為もあって、単純に確率が低いわけです。
布・木材・植物と採れる中、その植物の1つでしかないので。

さらに、大抵のはしか患者は「重症」状態なのが問題。
かく言う私も、ワーウルフと戦っている際に
"あなたは はしか を 患いました!"
とか出やがったので即帰って、手元にあった最後の微笑みの花を握り締めて医者に行ったものの治らない。


一撃で重症とか舐めてんのかバランス調整してる奴。
それならそれではしかの上位薬実装したらどうなんだ。
上のSSはGM降臨の為はしか患者が治療を求めて集った阿鼻叫喚図です。


だのにGMまで上位薬使えないんだぜ。実装してないから。
重症患者に何度も治療するGM。
JPも治療薬も度外視してるからできる行為ですよね。



さて、私のセカンドもめでたく治療を覚え医者の仲間入りをしたのはいいんですが。
なるほど、これは医者が嫌になるのもわかるというもの。

まず、治療はタダでは無い。
鍛冶屋の修理と違って、JPの他に治療薬が必要である。
その辺を全然わかってない人が多い。
そりゃあ医者じゃなければわからん感覚だろうけど。


治療薬を作って、それを使って治療をして。
通常の薬なら重症患者には3、4回投与するのが当たり前で。
さて、医者にメリットはあるのでしょうか?っていう話。

職業Lvが上がるじゃねえか っていう奴、馬鹿言ってないで材料なり何なり持ってきたら如何ですか?
って言いたくなる気持ちがちょっと理解できた、そんな夜。
お宅ら、鍛冶屋・細工師に合成・細工頼む時は素材と材料持ってくだろうに。

それと同じ事なのに、何故か医者だけ慈善事業みたいになってるのはどうしてだろうね?



というわけで今回はこれにて。
ヾ(・ω・)ノ"

あぁ、でも材料を差し入れしてくれたり、薬持参で来る方も居るには居るんですよね。
知っているか知らないか、それだけの違いなんでしょうけど。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
('A`)ノ<ぷろふぃーる
「隈宏」と申します。(読み方は「くまひろ」)
何もかもが中途半端なヲタク+ゲーマー。
重度の中二病患者。

マンドク星は心の故郷かもしれない。
最新CM
[02/19 那瑚]
[10/29 椛]
[04/07 コーウェン ]
[03/26 小笹@中の人]
カウンター
こぴーらいと
「マビノギ - Fantasy LIFE!」
Developed by devCat
Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd.
All rights reserved.



「Appie online2」
Copyright(C) SeedC,Inc.
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
その他
最新TB