忍者ブログ
gdgdな辺境の地。チラシの裏。
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そこに違いなど、さして無いです。


「どちらが自分達に都合が良いか」
ただそれだけの話です。
というか、この手の話題は古今東西色んな所で言われてる筈だから何を今更、な感じですけど。


で、私がどうしても言いたかった事、書きますね。




何で皆、自分をそんなに軽視出来るんですかね?

それこそ良く言われる事ですが、
「自分より、自分の大切な人の存在が消える事の方が怖い」
というのが。




いいですか、自分が死ぬ、という事は
「自分のその『大切な人達が消える事こそ怖い』という思いすら消える事」
なんですよ。

世の中にとってどれほど影響があろうがなかろうが、
「自分」が消えた瞬間、世界は終わるのですよ。当人にとっては。
客観的な意味では、感知できなくなる、という事にすぎませんが。


まぁ私の場合は
「『私』というこの存在(思考パターン)が消える事への恐怖」
が一番強いので、上記のような事を偉そうにのたまう資格がありませんが。
ちょっと死の捉え方が違う気がする。



私の予想するには、死というのは目覚めの無い眠りです。
そうなる事に耐え難い恐怖を感じる、というのは普通だと思うんですがね。


それこそ、鬱病とかの人からすればもうそんな事はどうでもいい、
あるいはもうそんな事考えられない状態になってるはず。






この間、不良の状態を見る為に本社へ向かう途中の車で流れてたラジオで
「大切な人を守るには、まず自分をしっかりと守れている事が大事」
みたいな事を言っていました。普天間さんがんばってるな、という個人的な感想は置いといて。

その通りなんですよね。
困難な状態にある時、「助けにきたよ!」って声があると凄く救われるのは間違いないんですが、


その声の主が、自分と同じように万全じゃない状態で駆けつけてたら?
むしろ負担になりませんか。





「自分」がしっかりしてないのに、「周囲」の心配をするのは順序が違います。
とても私が言えた義理じゃないけど。


あくまで自分主観の話で、私は他の人じゃないから。
その人の状態とか知らないから、こういう事しか言えない。
これはあくまで、今でも脛を齧り続ける私の話。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
('A`)ノ<ぷろふぃーる
「隈宏」と申します。(読み方は「くまひろ」)
何もかもが中途半端なヲタク+ゲーマー。
重度の中二病患者。

マンドク星は心の故郷かもしれない。
最新CM
[02/19 那瑚]
[10/29 椛]
[04/07 コーウェン ]
[03/26 小笹@中の人]
カウンター
こぴーらいと
「マビノギ - Fantasy LIFE!」
Developed by devCat
Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd.
All rights reserved.



「Appie online2」
Copyright(C) SeedC,Inc.
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
その他
最新TB