忍者ブログ
gdgdな辺境の地。チラシの裏。
[142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気が狂う。

今回はそんな話を実に適当に。





変わっていないつもりでも、変わっているのである。
そんな事の積み重ねで辛い。
気が狂いそうだ。


ところで気が狂った状態というのはどういう状態?
何を基準に?
気が狂ったかどうか、どういう風に判断すればいいの?





私の通勤してるような中小企業にも、普通に「鬱と診断されている人」が存在する不思議。
まぁ、あんだけ内部がシッチャカメッチャカなんだからそりゃそうかもしれんけど。

んだが、その人を見ていても別に違和感が無いというのがよくわからん。
まぁ数分、数秒しか見てないからかもしれんけど。
ぶっちゃけ、俺より社交性高くね?とか思える位に見える。

あれ、待ってくれ。つまりそれは私が鬱じゃないが致命的な何かしらを持っているって事に繋がりやしないか。
そんな事を考えるとますますわからなくなる。


とりあえず、今の判断基準としては
「俺、まだ正気だよな。いや、もう狂ってるのか?」
とか考えてる内は問題無い、という感じで。

いやだって気が狂ってる人間なんてそんな事気にしないでしょうよ。
気が狂ってる人間がニコ動のマイリスに入れてる卓ゲM@sterの続きを気にしたりしないしな。
あと、「クトゥルフ的アイマスなお話」の続きが蝶楽しみだわー

よし、気が狂ってる筈が無いな。




単に、ただのマンドク星人なんだと思う。
鬱とかの話で、横着病に見える、とか言われるけど多分次元が違う。
私のはただのマンドクセ。

ここまで書いたけど、なんかもうマンドクセ

ヾ('A`)ノ"
ヽ('A`)ノ
('A`)
PR

コメント
無題
うちでも多いです。
ほんとに真面目でダウンし人と、なんでやねん?って思える人がいる。
ストレスがあるというと医者はすぐそう診断する気がしてならない。
勿論、その診断で救われる人もいる。
でもどうかなぁと思える人もいる。

ジレンマが(ーー;)
【2010/08/07 14:40】 NAME[ 美のつくひと] WEBLINK[] EDIT[]
ニンゲン
To みーさん

難しい話題なので回答も適当風味で行こうと思います。
私の様な末端の最下級戦士には無縁の話、とも言い切れず。
まぁ対人スキルが皆無だからそもそも駄目なんですが。
それでも話を聞いていれば「だれそれがうんぬん」だのいう話ばかりです。
影で自分が何て言われてるか、想像に難くなくて困る。
性善説だとか言った奴は二、三度ぶたれた方がいい。
汚ねぇ生物です。歯車になりたい。

・・・因みに私は後者の「どうかなぁ」型人間です。
能力が無ければ努力すれば良い、と言われても「努力をする能力」がまず欲しい。
そんな言い訳をする自分が嫌いです。('A`)ヴァー
【2010/08/07 23:50】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
('A`)ノ<ぷろふぃーる
「隈宏」と申します。(読み方は「くまひろ」)
何もかもが中途半端なヲタク+ゲーマー。
重度の中二病患者。

マンドク星は心の故郷かもしれない。
最新CM
[02/19 那瑚]
[10/29 椛]
[04/07 コーウェン ]
[03/26 小笹@中の人]
カウンター
こぴーらいと
「マビノギ - Fantasy LIFE!」
Developed by devCat
Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd.
All rights reserved.



「Appie online2」
Copyright(C) SeedC,Inc.
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
その他
最新TB